プラズマ切断とは何ですか?

導入:

プラズマ切断とは? 現代の金属加工における極めて重要なプロセスであり、高度な技術と高温技術を組み合わせて、正確な材料除去を実現します。 20,000°Cを超えるイオン化ガスジェットを利用することで、この方法は、幅広い導電性合金の切断において比類のない汎用性と効率性を提供します。

プラズマ切断プロセス:

このプロセスでは、専用の電極とワークピースの間に電気アークを発生させ、綿密に設計されたガス ノズルによってアークを発生させます。このアーク形成により、狭いプロファイル、強力な熱、および高速を特徴とする集中プラズマ ジェットが生成されます。

物質の相互作用とガスの再結合:

プラズマ ジェットがワークピースに当たると、再結合が起こります。これにより高熱が放出され、金属が溶けて切断部分から排出されます。特定の切断ニーズに応じて、アルゴン、アルゴン/水素、窒素などのさまざまなプラズマ ガスが使用されます。

代替プラズマガスおよび圧縮空気の使用:

あるいは、圧縮空気を使用すると、ハフニウムまたはジルコニウムの特殊な電極が必要になりますが、プラズマ プロセスの競争力のあるバリエーションとなります。このバリエーションは、厚さ 20 mm までの炭素マンガン鋼およびステンレス鋼の切断に特に有利です。

適用可能な合金の幅広い範囲:

プラズマ切断は、酸素燃料切断の限界を超えるために開発されました。現在、プラズマ切断はさまざまな合金の切断に最もよく使用されています。これには、普通炭素鋼、ステンレス鋼、アルミニウム、ニッケル、チタンが含まれます。

運用効率と設備利用率:

通常、プラズマトーチが動く間、ワークピースは静止したままなので、正確で制御された切断が可能になります。さらに、操作装置と比較してプラズマトーチのコストが比較的低いため、複数のトーチを1台に設置できます。 カッティングテーブル生産性と効率性を向上させます。

結論:

要約すると、プラズマ切断は現代の金属加工の礎であり、材料処理において比類のない精度と適応性を提供します。多様な合金に対応できる能力は、産業用途における不可欠な役割を強調しています。技術が進歩し続ける中、プラズマ切断は革新の最前線にあり、金属加工の取り組みにおいて効率と卓越性を推進しています。
プラズマ切断とは何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です